目頭切開とは~魅力Eyeへの大変身計画!~

女性

術式によっても費用が違う

女性

複数の術式がある眼瞼下垂の治療法の中でも、筋肉の温存が可能で生理的な機能改善が望めて、仕上がりも綺麗な術式が拳筋前転法です。今後は採用する医療機関も増えると見られます。また豆知識として、眼瞼下垂の治療費用と保険適用の有無は症状の重さや術式によって異なるので医師とよく相談する必要があります。

詳細を確認する...

目を開きやすくするために

先生

加齢によって眼瞼挙筋がたるむと、眼瞼下垂となって目を大きく開くことが難しくなります。高齢者が増えてきた現在は、美容外科での眼瞼下垂の治療の需要が高まっています。具体的には切開した上で眼瞼挙筋を縫い縮めるという手術なのですが、同時に眼窩脂肪を抜き取ることもできます。さらに二重を形成することも可能です。

詳細を確認する...

複数の医師の意見を聞く

セカンドオピニオンを行う

美容整形

先天性と後天性とに別れる眼瞼下垂は、その原因も多岐に及ぶ上に、手術の方法も医療機関によって違ってきます。審美面を優先する美容整形の手術もあれば、保険適用を重視した治療を行う医療機関も存在します。このため眼瞼下垂の治療は1つだけの医療機関に相談するのではなく、複数の医療機関でカウンセリングを受けて医師の意見を聞く、セカンドオピニオンを行うテクニックが有効です。複数の医師の意見を聞くことで、それぞれの医療機関の治療の方針も比較できますし、また術式ごとの良い点や悪い点なども理解しやすくなります。また眼瞼下垂は手術がうまくいかなかった場合、まぶたが重い、思うように開かない、左右の見え方が違ってくるといった問題が起こる可能性もあります。それだけに眼瞼下垂の治療を受ける医療機関は、アフターケアも含めて万全の医療体制を持つ所で受けるのが理想です。また、より魅力的な目元にしたいのであれば、目頭切開も同時に行なってみるといいでしょう。眼瞼下垂の治療と同じく注意して病院を選ぶ必要があるものの、眼瞼下垂手術と合わせて行えば、非常にキレイな目元に出来ます。安心して治療を受けることが出来る病院を見つけることが出来れば、ぜひ受けてみましょう。

退行性による症例が増える

実は眼瞼下垂はその種類と原因には様々なものがあります。ハードコンタクトレンズを長年使用してきたり、生まれつきまぶたを上げる筋肉が弱かったり、加齢による筋肉の衰えが原因だったりします。中でも症例数が増えているのが加齢による眼瞼下垂です。加齢によって眼瞼挙筋群が衰えて起こるものが退行性眼瞼下垂であり、国内の高齢者が増えつつある中で、今後さらに増える事が確実視されています。退行性眼瞼下垂は現在の医療技術ならば、日帰りで手術を終わらせることもできます。局所麻酔を行った後に下垂の程度を考慮して、軽度の場合は挙筋腱膜タッキング、重度の場合は眼瞼挙筋短縮術などの術式を採ります。眼瞼下垂は生活スタイルの問題や高齢者が増えていることもあり、症例数も今後増加が予測されます。